HOME>レポート>家賃債務保証を活用する方法【業者の見定め方を伝授】

家賃債務保証を活用する方法【業者の見定め方を伝授】

電卓

仕組みと流れを把握

家賃債務保証は、賃貸住宅の入居者が事情により延滞をした場合に保証会社が代位弁済する仕組みを言います。一般的には、貸主が家賃請求を行い入居者が支払いを行う仕組みでしたが、近年になって保証人の確保が難しい状況が起こっています。そのため、双方にメリットのある家賃債務保証が導入されています。債務保証には、一般保証型と支払委託型の2つがあります。一般保証型では家賃の滞納が発生した時に保証会社柄代位弁済が行われ、支払委託型では入居者に対する家賃請求と貸主に対する入金分支払いを行います。入居者がこの仕組みを利用するには、まず家賃債務保証対応の賃貸住宅を探すことから始めます。制度を利用するには審査を受けて通過する必要があるのであらかじめ把握しておきましょう。その後、貸主と入居者の間で入居契約を交わし、退去するまでの間は保証が適用される流れです。

女性

利用する人の目的

高齢化や核家族化が進んだ現代社会では、賃貸住宅の契約の際、保証人を確保できないという声が強くなりました。また、貸主も万が一のことを考えると、保証人なしで契約締結するのはリスクに感じるでしょう。このような不安の解消に、家賃債務保証制度が利用されています。貸主は賃料の延滞が起こった場合、督促をして入居者に支払いを促しますが、その際にトラブルが発生する可能性がありますし、支払の督促自体は慣れない人には大変な作業です。安心して経営するためにも、専門的な知識を持っている保証会社に依頼するのがベストでしょう。専門知識とノウハウがあり、登録許可を受けている保証会社なら安心して任せられます。入居者が審査を受けて家賃債務保証制度を利用するので、この段階で未納のリスクが軽減されるのも人気の理由です。

広告募集中